横浜港内の大気中の放射線量及び海水中の放射能の測定について

横浜港では東京電力福島第一原子力発電所からの放射線の漏出に対して、平成23年3月22日から港内の大気の放射線量、4月14日から海水中の放射能の測定をしています。

4月22日、国土交通省より「港湾における輸出コンテナの放射線測定のためのガイドライン」及び「港湾における船舶の放射線測定のためのガイドライン」が発表されたことに対応して、測定結果を公表することとしました。

当面、大気については平日の毎日(土日、祝日測定分は翌営業日)に、海水については週1回、金曜日に測定結果を掲載していく予定です。

詳細はこちらをご覧ください。

  • 地震・放射線情報
カテゴリー: お知らせ パーマリンク