沿革

  
 

  出来事 当社を取り巻く環境の変化
1951(昭和26)年   横浜市が横浜港の港湾管理者になる
1963(昭和38)年   本牧ふ頭埋立着工
1967(昭和42)年10月 京浜外貿埠頭公団(財団法人横浜港埠頭公社の前身)設立  
1968(昭和43)年   フルコンテナ船第一船 本牧ふ頭に入港
1969(昭和44)年9月 本牧A-8コンテナターミナル 供用開始  
1969(昭和44)年12月 本牧A-7コンテナターミナル 供用開始  
1970(昭和45)年7月 本牧A-6コンテナターミナル 供用開始  
1971(昭和46)年   大黒ふ頭埋立着工
1974(昭和49)年4月 本牧A-5コンテナターミナル 供用開始  
1977(昭和52)年1月 大黒L-1、L2、L3 ライナーターミナル 供用開始  
1977(昭和52)年11月 大黒L-4 ライナーターミナル 供用開始  
1978(昭和53)年3月 大黒L-6、7 ライナーターミナル 供用開始  
1978(昭和53)年8月 大黒L-5 ライナーターミナル 供用開始  
1979(昭和54)年3月 大黒L-8 ライナーターミナル 供用開始  
1979(昭和54)年4月 大黒C-1 コンテナターミナル 供用開始  
1981(昭和56)年3月 大黒C-2 コンテナターミナル 供用開始  
1981(昭和56)年12月 財団法人横浜港埠頭公社(当社の前身)設立  
1982(昭和57)年3月 京浜外貿埠頭公団 解散。
財団法人横浜港埠頭公社が横浜港における業務を承継
 
1984(昭和59)年11月 本牧D-4コンテナターミナル 供用開始  
1986(昭和61)年12月 本牧D-5コンテナターミナル 供用開始  
1989(平成元)年   横浜ベイブリッジ開通
1990(平成2)年 環境整備基金事業開始 南本牧ふ頭埋立着工
1991(平成3)年 横浜港建設発生土受入事業開始  
1992(平成4)年10月 大黒C-3コンテナターミナル 供用開始  
1994(平成6)年11月 大黒C-4コンテナターミナル 供用開始  
1996(平成8)年8月   横浜港国際流通センター(Y-CC)オープン
2001(平成13)年4月 南本牧MC-1、2コンテナターミナル 供用開始  
2004(平成16)年7月   京浜港(横浜港、東京港)がスーパー中枢港湾に指定される
2005(平成17)年7月   京浜港(横浜港、東京港)が指定特定重要港湾に指定される
2005(平成17)年8月   横浜港メガターミナル株式会社が特定国際コンテナ埠頭の運営事業に認定される
2005(平成17)年12月   本牧ふ頭BCコンテナターミナル 全面供用開始
2006(平成18)年10月   世界最大級コンテナ船「EMMA MAERSK」(全長397m、積載能力11,000TEU)が南本牧MC-1、2ターミナルに初入港
2007(平成19)年4月 横浜港の公共コンテナターミナルの管理(指定管理者) 開始  
2008(平成20)年3月   横浜港、東京港、川崎港の広域連携強化に係る基本合意書が締結される
2008(平成20)年12月   コンテナ貨物取扱量348万TEU達成(過去最高)
2009(平成21)年4月 京浜三港(横浜港、東京港、川崎港)の入港料徴収業務(受託) 開始  
2009(平成21)年5月   京浜三港(横浜港、東京港、川崎港)と八戸港の連携に関する協定が締結される
2009(平成21)年6月   横浜港開港150周年
2010(平成22)年8月   京浜港(横浜港、東京港、川崎港)が国際コンテナ戦略港湾に認定される
2011(平成23)年4月 横浜港の在来ふ頭の管理(指定管理者) 開始  
2011(平成23)年7月 横浜港埠頭株式会社設立  
2012(平成24)年2月 特定外貿埠頭の管理の管理運営に基づく指定会社への指定申請  
2012(平成24)年4月 特定外貿埠頭の管理の管理運営に基づく指定会社に指定される
財団法人横浜港埠頭公社解散。
横浜港埠頭株式会社が横浜港における業務を承継
 
2012(平成24)年11月 特例港湾運営会社への指定申請  
2012(平成24)年12月 特例港湾運営会社に指定される  
2015(平成27)年4月 南本牧MC-3コンテナターミナル 供用開始  
2016(平成28)年1月 横浜川崎国際港湾(株)(YKIP)設立
コンテナターミナル運営事業を同社に移管