金沢木材ふ頭

金沢木材ふ頭 全景金沢木材ふ頭 位置図
2011(平成23)年時点
着工 1970(昭和45)年
完成 1974(昭和49)年
ふ頭面積 11.10ha
取扱量 外貿16万トン
内貿61万トン

金沢木材ふ頭は、高度経済成長期に輸入木材の急増に対応するため、1970(昭和45)年から1974(昭和49)年にかけて建設されましたが、木材の輸入形態が製材中心に変わったため、1985(昭和60)年より原木の取り扱いはなくなりました。現在は金属くずや木製品、砂利・砂などの建設用資材の取り扱いが中心となっています。

また、災害対策として2002(平成14)年3月に岸壁の耐震化が完了しており、災害時には緊急物資輸送に利用されます。

金沢木材ふ頭配置図

在来船バース 計 1

施設名 借受者 岸壁延長(m) 面積(m2) 水深(m) エプロン幅(m)
金沢木材ふ頭岸壁 (公共利用) 187 10 22

物揚場、上屋、荷さばき用地

施設名 施設数 概要
在来貨物ターミナル用地 1ヶ所 200m2
荷さばき地 4ヶ所 28,104m2
物揚場 4ヶ所 岸壁総延長:355m
幅:15m
水深:3.3~5.5m