山下ふ頭

山下ふ頭 全景山下ふ頭 位置図
2011(平成23)年時点
着工 1953(昭和28)年
完成 1963(昭和38)年
ふ頭面積 47.1ha
取扱量 外貿24万トン
内貿 7万トン

山下ふ頭は、1953(昭和28)年から1963(昭和38)年にかけて整備された在来貨物中心のふ頭です。在来船バースが10、物揚場が8、上屋11棟があり、かつては東南アジアや中近東航路の貨物船に利用されてきました。現在では本牧ふ頭などの物流機能を補完する役割も担っています。

山下公園に隣接し市街地に近い条件を活かして、ふ頭内には港運関連団体の事務所、国際航空貨物を専門に取り扱う横浜航空貨物ターミナル(通称YAT)のほか、曳船(タグボート)係留施設や横浜港へ寄港する船舶に飲料水供給サービスを行う船舶給水事務所もあり、横浜港の港湾関連サービスの拠点としても重要な役割を担っています。

山下ふ頭配置図

在来船バース 計 10

施設名 借受者 岸壁延長(m) 面積(m2) 水深(m) エプロン幅(m)
1号 (公共利用) 180 10 18
2号 (公共利用) 200 12 23
3号 (公共利用) 220 12 18
4号 (公共利用) 180 10 18
5号 (公共利用) 180 10 18
6号 (公共利用) 180 10 18
7号 (公共利用) 180 10 20
8号 (公共利用) 180 10 20
9号 (公共利用) 180 10 20
10号 (公共利用) 180 10 20

物揚場、上屋、荷さばき用地

施設名 施設数 概要
上屋 11棟(航空貨物ターミナル含む) 53,606m2
在来貨物ターミナル用地 13ヶ所 17,021m2
荷さばき地 13ヶ所 33,859m2
物揚場 8ヶ所 岸壁総延長:1,633m
幅:10m
水深:2.0~4.5m