出田町ふ頭

出田町 全景出田町 位置図
2011(平成23)年時点
着工 1952(昭和27)年
完成 1963(昭和38)年
ふ頭面積 25.5ha
取扱量 外貿22万トン
内貿-万トン

出田町ふ頭は1952(昭和27)から1963(昭和38)年にかけて、4バース(岸壁総延長516m)が公共用岸壁として整備されました。

現在は主に野菜やバナナをはじめとする青果を取り扱っており、埠頭内には温度・湿度の管理や燻蒸が可能なバナナ専用の上屋や青果上屋、青果企業の加工所があります。バナナの熟成にも利用されており、「バナナふ頭」の愛称で呼ばれることもあります。

出田町ふ頭配置図

在来船バース 計 4

施設名 借受者 岸壁延長(m) 面積(m2) 水深(m) エプロン幅(m)
A号 (公共利用) 135 - 7.5 20
B号 (公共利用) 135 - 7.5 16
C号 (公共利用) 123 - 7.5 21
D号 (公共利用) 123 - 7.5 21

物揚場、上屋、荷さばき用地

施設名 施設数 概要
上屋 6棟(バナナ上屋・青果上屋含む) 14,335m2
荷さばき地 5ヶ所 8,664m2
物揚場 2ヶ所 岸壁総延長:233m
幅:10~21m
水深:4.5m