企業理念・経営方針・中期経営計画

企業理念

わたしたちは、横浜港への国内貨物の集中やハブ機能を拡大させ、横浜港を国際海上貨物輸送網におけるメインポートとして発展を図り、もって、わが国経済の成長に寄与し、活力ある地域社会づくりに貢献します。

経営方針

企業理念の実現に向け、横浜港埠頭株式会社として、横浜港の目指すべき方向を「横浜港とともに」として定めました。
また、横浜港の運営を担う社員の心構え、決意として「社員とともに」、そして、横浜港に根付いた企業であるとの認識のもと、「地域とともに」といった視点から、それぞれの方針を定めています。

1 横浜港とともに
  1. わたしたちは、横浜港の機能強化を図り、国際海上貨物輸送網において、利便性、経済性に優れた、利用者に『選ばれる港づくり』をすすめます。
  2. わたしたちは、優れた技術力の活用や質の高いサービスを提供し、国際的に信頼される『安全・安心で環境にやさしい港づくり』をすすめます。
  3. わたしたちは、港湾関係者や国、港湾管理者と連携し、横浜港の総合力を高め、公正かつ透明な事業推進を図り、誰もが『使いやすい港づくり』をすすめます。
2 社員とともに
  1. わたしたちは、歴史ある横浜港を愛し、その運営を担う喜びと誇りを持ち、高い倫理感と良識のもと、利用者の視点に立ったサービスを創造していきます。
3 地域とともに
  1. わたしたちは、横浜港の運営を担う社会的使命を自覚し、地域に根づいた企業として、地域経済の発展・地域活力の向上に貢献していきます。

中期経営計画

本計画においては、「使いやすく選ばれる港」を実現するために、“3つの戦略”の推進と、その戦略を着実に遂行するための「基盤づくり」を合わせた4本柱の枠組みのもとで各種取組を実施します。

1.横浜港の物流施設等の利便性向上推進

ライナー・多目的ターミナルおよび横浜市の在来貨物ターミナルの利便性向上、効率的運営の促進を図るとともに、
完成自動車をはじめとする在来貨物の取り扱い拡大に取り組みます。

2.横浜港の機能強化

横浜港のターミナル再編計画を踏まえたターミナルの機能強化・転換、港湾物流関連施設の充実等に取り組み、横浜港の機能強化を図ります。
また、防災・安全面の強化、環境に配慮したターミナルの整備の検討を進めるとともに積極的に新技術を取り入れ、施設の効率的な維持管理を行います。

3.横浜港の利用促進

当社がこれまで蓄積してきた知識やノウハウを活かして横浜市の事業に協力し、横浜港の利用促進を図ります。また、
横浜市、横浜川崎国際港湾株式会社と連携・協力し横浜港の国際競争力強化に向けた取組を推進します。

4.経営基盤の強化

財務・業務・組織の強化を進めることにより、各種取組を強力に推進できる経営基盤を盤石なものとします。

  

経営基盤の強化の図