本牧ふ頭

本牧ふ頭 全景本牧ふ頭 配置図小
2012(平成24)年時点
着工 1963(昭和38)年
完成 1970(昭和45)年
ふ頭面積 287.7ha
取扱量 外貿2,485万トン
内貿 306万トン

本牧ふ頭BCターミナルとD突堤の荷役風景

本牧ふ頭は、日本の海外貿易が増大した1960年代からA、B、C、D突堤が順次建設され、櫛形(くしがた)の埠頭として整備されました。1968(昭和43)年に日本における最初のフルコンテナ船が入港して以来、フルコンテナ船はもとより在来船、RO/RO船など多様な荷役に対応し、横浜港の中心的な埠頭として役割を果たしてきました。

本牧ふ頭は、コンテナターミナルのほか、在来船バース、多目的バース、内航船バースなど計25バースを有しています。近年はコンテナ船の大型化とコンテナ貨物の増加に対応するため、1992(平成4)年には在来船バースであったB突堤とC突堤の間が埋め立てられ、2005(平成17)年にBCターミナルとして全面供用されました。

2014年(平成26)年には拡張、機能強化に向け再整備を進めていましたD-4号ターミナルの工事が完了し、全面供用しました。今後とも横浜港の中核的なふ頭として、重要な役割を担うことが期待されています。

本牧ふ頭配置図

コンテナターミナル 計 7

施設名 借受者 岸壁延長(m) 面積(m2) 水深(m) クレーン(基) 主な運航船社
A-5・6 300×2 221,000 12 4
A-7・8 250×2 165,000 12 2
BC 横浜港メガターミナル株式会社 1,390 456,000 13~16 10 CCL, COSCO, DongYoung, HASCO, IAL, NamSung, OOCL,Sinokor, TCLC, T.S.Lines, UASC, WanHai,EMC
D-1 400 310,000 13~14 3
D-4 アメリカン・プレジデント・ラインズ・リミテッド 400 187,000 16 3 APLHyundai, JJSCO
D-5 株式会社商船三井 300 105,000 16 3 MOL

在来船バース 計 10

施設名 借受者 岸壁延長(m) 面積(m2) 水深(m) エプロン幅(m)
A突堤基部 (公共利用) 100 5.5 15
A突堤

(A-1~3号)

(公共利用) 600

(200×3)

10 20
B突堤

(B-1~4号)

(公共利用) 800

(200×4)

10 20
新建材1号 (公共利用) 330

(185×1,

145×1)

10 20
新建材2号 (公共利用) 9 20

物揚場、上屋、荷さばき用地

施設名 施設数 概要
上屋 19棟(CFS×2棟含む) 51,297m2
在来貨物ターミナル用地 18ヶ所 28,791m2
荷さばき地 18ヶ所 28,737m2
物揚場 10ヶ所 岸壁総延長:2,061m
幅:10m
水深:2.5~5.0m
?